• 黒字となる理由

    子供を塾に入れる親は増えてきており、子供の将来のために塾に入れて勉強させる親は昔よりも多くいるのです。学習塾では授業料を高くしない代わりに講習会などで黒字を出しているため、比較的安価に塾が利用できるのです。

    Read more
  • 成績アップの理由

    夏休み前や冬休み前は、チラシや広告などで塾の告知が大々的に行われています。塾では、入ることでたくさんの生徒の成績アップが認められたと宣伝しており、全体の8割もの生徒の成績アップがあると言われているのです。

    Read more
  • 個人指導での効果

    塾に入ることにより、自分の得意教科の成績を大きくアップさせられるだけではなく、苦手教科の底上げなども行なうことができます。現在では個別に指導を行う塾もあるため、入ることで、マンツーマンでの高い学習効果が得られます。

    Read more
  • 気をつけたい費用

    塾を選ぶ際、注意をしておかなければならないのが費用の問題です。宿によって支払う費用は細かく変わってくるため、カリキュラムの内容と支払う費用を勘案し、よりよい塾を選ぶようにしましょう。

    Read more

たくさんの子供が利用

学校の授業で理解しづらくても、しっかり学べる塾が北九州にはあります。学びづらいことはたくさん聴いて理解を深めましょう。

学習塾の未来はどうなる

年々、少子化が進み今では子供の数が少ないことから塾の生徒も少なくなり、如何に多くの生徒を確保するかを試行錯誤しているのが今の現状ですが、これから先はますます子供が少なくなることから我が子を志望校に合格させたい親の心をどう掴むかが課題となります。 そのため一人一人の学力と性格を考えその子に一番会った授業をするために今後は個別指導が中心となり個々に合った学習をするといった事が主流になりコストはかかりますが、核家族が進み1組の夫婦の間にできる子供の数も少ないため多少 金額が高くても我が子のためならと出費を惜しまない親が増えてくるため子供が少なくても塾としては十分に成り立つ時代になっていくでしょう。 そのため親の収入の大きい子でないと塾に通えないという状況にもなるかもしれません。

どこに入るか選ぶために気をつける事

入塾する際にどこに通うか選ぶ時に気をつけなければならない事は何でしょうか。 まず、授業は個別なのか集団なのか、集団でも少人数の授業なのか10人以上の大人数なのか、どんなカリキュラムを組んでどのような指導方法なのかを聞き子供に合うかどうかを考えましょう。 また、通いやすいかどうかも選ぶポイントとなります。近所に人や卒業生や知り合いから良いという口コミを聞いたからという理由で選ぶと家から遠くて親が送迎しないと通えないとか部活や委員会などが少しでも長引くと通えないとか送迎がなければ休むしかないといった状態が続くと通うのが嫌になってしまったり、欠席や遅刻が多いとせっかく塾に通っていても内容がよく理解できなかったり説明を十分に聞くことができず結局わからないままになり成績アップの効果はなくなりますので気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加